私たちがガムやタブレットで口にするキシリトールは、白樺などの木からとれる「キシランヘミセルロース」を原料に作られています。

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく2つに分けることができます。

キシリトールがむし歯を防ぐ理由その1
「むし歯の原因にならない」ということ。キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。

キシリトールがむし歯を防ぐ理由その2
「むし歯の発生、進行を防ぐ」という効果。むし歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促します。
さらにキシリトールは、むし歯の大きな原因とされる原因菌(ミュータンス菌)の活動を弱める働きを持っています。このむし歯原因菌への働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。


キシリトールは、プラークを剥がれやすくし、ブラッシングの効果を上げたり、フッ素と一緒になって、より歯を硬くするなど、普段のむし歯予防に加える事で大きな効果を発揮します。
歯垢の減少を目的とした臨床実験の結果、キシリトールガムを一日に3~4回噛んだ園児グループは、キシリトールガムを噛んでいない園児グループより、開始から6ヶ月後には歯垢の量が約1/3であるという結果が得られました。歯垢は食糧の食べかすを栄養として繁殖する細菌と、その代謝物でできています。これをえさにした細菌は、糖を発酵させて酸を作り、歯のエナメル質を溶かします。これがむし歯の原因となってしまうのです。キシリトールは口の中を中和してくれる唾液の分泌を助ける働きもあるのです。



私どもはキシリトールを効果的に活用したむし歯予防を推進していますが、ガムを噛めないお年寄りや、小さなお子さま、またガムを噛むのがむずかしい障がいをもつ方々には、「キシリトール配合タブレット、チョコレート」をお薦めしています。

小さなお子さまにはタブレットでキシリトールの習慣化を促し、成長に合わせてガムに移行していきます。キシリトールには唾液の分泌を促進して口腔内環境を整える働きがあるので、お口の中の唾液量が減少する傾向にあるお年寄りにとっても非常に有効です。ガムが諸事情によって噛めない方々のお口の健康に、キシリトール配合タブレット。ぜひ始めてみてください。

当医院では、むし歯予防効果が高いキシリトール100パーセント配合のガムやタブレット、チョコレートしか扱っておりません。 ちなみに市販のキシリトールガムは55パーセントの物が多いのですが、100パーセントの物に比べると効果としては四分の一程度です。
100パーセントの物を選んだほうが、より効果を期待できます。

ミント味が苦手な方や、お子さまでも食べやすいマスカット味のガムも扱っています。

むし歯予防のためには、キシリトール100パーセント配合のガムの場合、
一日3回、1粒を毎食後に噛み、さらに歯磨き前に噛むと効果的です。

むし歯になりやすい方や、積極的にむし歯予防をしたい方は、
1日5回、毎食後と間食後、おやすみ前に1粒を噛むことをおすすめします。

一度にたくさん摂るより、一日に何度かに分けて摂るほうが効果的です。

歯垢を落としやすくするには歯磨き前が、歯質を強化するなら歯磨き後が効果的ですが、歯磨きの後に甘いものを摂ることに抵抗がある場合は、歯磨き前に噛んでも大丈夫。

また、唾液の分泌が減るおやすみ前に噛むことも、
むし歯予防には効果的です。

キシリトールガム・タブレットは食品ですから、回数やタイミングはあまり気にせず、何かを食べたら噛む、というように、無理なくできる方法で、習慣にするとよいでしょう。

キシリトールの成分はおよそ数分で流出しますが、
よく噛んで、唾液をたくさん出すことも、むし歯予防に大切なこと。
ですから、ガムを噛む場合は、味がなくなってもそのまま5分~10分噛むことをおすすめします。

キシリトールを食べると、2週間で歯垢が減りはじめ、
3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなるといわれています。
でも、その後すぐにやめてしまうと、しばらくして再びむし歯菌が増え始め、
むし歯になる危険性も高くなってしまいます。
むし歯予防のためには、まずは毎日、続けて摂ることが大切です。

虫歯のでき方や歯槽膿漏など各年代によってお口の環境は違ってきます。各世代ごとお家でしていただく「むし歯の予防方法」をご説明します。皆さんの健康維持に少しでもお役に立てればと考えておりますので頑張って挑戦してみてください。

スポーツドリンクなどをよくお子さんに飲ませる親御さんもかなりいらっしゃいます。

「なぜ?」と聞くと、
「風邪をひいた時に小児科の先生が飲ませなさい」とおっしゃったから、普段から飲ませてもいいんだ、と解釈されている方が多いようです。

このスポーツドリンク(pH3.4)は水分の吸収性がよく風邪をひいたときは良いと思います。しかし普段から飲ませるのはこちらもかなりpHが高いため歯を溶かすのに一役かってしまうのです。

また、スポーツドリンクを普段から飲んでいるとその吸収力にお子さんの内臓がなれてしまい、水やお茶を飲んだときに水分を吸収されなくなる危険性も最近指摘されていますのでご注意ください。

生後6ヶ月前後で下の前歯(上が先の場合もあります)が生えてきますが、この頃はまだ歯ブラシを使う必要はありません。お母さんがガーゼ等を巻いて、やさしく歯をこすってあげましょう。
これは虫歯の予防というよりは、歯に触れられる事に慣れさせる事が目的です。(歯磨きの習慣づけの第一歩です)

1歳を過ぎて奥歯が生えてきたら歯ブラシの出番です!ここで気を付けるのは小学校3年くらいまでは子供だけでしっかり歯磨きをする事は不可能だという事です。つまり、それまでは保護者の「仕上げ磨き」が必要です。仕上げ磨きは歌を歌ったりやさしく話しかけてあげながら、できるだけ楽しい雰囲気でするように心がけましょう。最初から是が非でも磨いてやろうとは考えず、みんなで楽しくする事が成功につながります。

ポイント1
フッ素を利用しましょう
この時期の虫歯予防には、フッ素が非常に効果的です!

ポイント2
定期健診を受けましょう
歯が生えたら積極的に歯科医院にてまず何をしたら良いか話を聞きましょう。
個々のお子さんにあった予防方法をお教えします。

6歳前後になると前歯や奥歯に永久歯が生え始めてきますが、生えたての永久歯は十分熟成しておらず非常に虫歯になりやすい状態です。
特に、永久歯が生えてから2年間が最も虫歯になりやすい時期のため、この時期の虫歯を予防することができれば、生涯自分の歯を健康に保つ確率がグーンと上がります。

ポイント1
フッ素を利用しましょう
この時期の虫歯予防には、フッ素が非常に効果的です!

ポイント2
保護者の「仕上げ磨き」が必要です!
小学校の3年くらいまでは、本人だけで十分なプラークコントロール(歯磨き等)を行うことはほぼ不可能だと言われています。
そのため、保護者の「仕上げ磨き」を行うことが虫歯をしっかりと予防するためには必要不可欠になります。
「歯を磨いている」と「歯が磨けている」では大きな違いです。

ポイント3
定期健診を受けましょう!
毎日ちゃんとプラークコントロールを行っても、奥歯の溝などには歯ブラシの毛先が届かないので虫歯になってしまうことがよくあります。このように自分でのケアは限界があることに対しては、歯科医院にて専門的なケアを受ける必要があります。

例えば先ほど例に挙げた奥歯の溝の虫歯に対しては、「シーラント」という薄いプラスチックのようなもので溝を塞ぐことにより予防が可能です。
万が一虫歯ができたとしても歯科医院で早期発見・早期治療を行えば被害を最小限に食い止めることができます。

この次期に最も大切なのは、「歯についての知識を得る」ことです。
この次期には「自分の歯を自分で守る責任」「子供の歯を守る責任」が出てきます。歯についての知識を得ることで本人やその子供、周りの人の歯を守ることが可能になります。
歯医者はあくまでも「歯を守る手伝いをする人」であり、本当に歯を守るのはあなた自身です。

ポイント1
正しい歯磨きの方法を覚えましょう!
歯磨きは、虫歯・歯周病の基本です
まずは正しい歯の磨き方を覚えることが、歯の健康を保つために最も重要です。

ポイント2
定期健診を受けましょう!
毎日ちゃんとプラークコントロールを行っても、奥歯の溝などには歯ブラシの毛先が届かないので虫歯になってしまうことがよくあります。このように自分でのケアは限界があることに対しては、歯科医院にて専門的なケアを受ける必要があります。歯科医院で定期健診を行えば虫歯・歯周病のほとんどが予防できます。万が一虫歯ができたとしても歯科医院で早期発見・早期治療を行えば被害を最小限に食い止めることができます。

この次期に歯を失う可能性がグンと上がってしまいますが、その原因は「歯周病」です。
歯周病が歯を失う最大の原因である理由は「自覚症状がほとんどない」と言うことです。そのため、自覚症状(歯がグラグラする等)が出てきた頃には手遅れになってしまうというケースが多いのです。
しかも、成人(35歳以上)の8割以上が歯周病だと言われています。

ポイント1
正しい歯磨きの方法を覚えましょう!
歯磨きは、虫歯・歯周病の基本です
まずは正しい歯の磨き方を覚えることが、歯の健康を保つために最も重要です

ポイント2
定期健診を受けましょう!
歯周病を予防するには、歯科医院で定期的にメインテナンスを行うことが非常に大切です。最低でも1年に1回、理想は1~4ヶ月おきにメインテナンスを行うよう事により、歯周病で歯を失うリスクが大きく減らすことができます。

歯科医院で定期健診を行えば虫歯・歯周病のほとんどが予防できます。万が一虫歯ができたとしても歯科医院で早期発見・早期治療を行えば被害を最小限に食い止めることができます。

この次期には歯周病で歯を失う可能性が最も高くなります。
歯周病の進行には体の抵抗力(免疫力)が大きく関わっており、この次期に体の抵抗力が低下してくることで歯周病が重症化しやすくなります。

残念ながら歯を失ってしまった場合でも、歯医者さんを上手に利用することによってできる限り良い状態を維持して、おいしく物を食べたり楽しくおしゃべりをすることができるようになります。

ポイント1
正しい歯磨きの方法を覚えましょう!
歯磨きは、虫歯・歯周病の基本です
まずは正しい歯の磨き方を覚えることが、歯の健康を保つために最も重要です。

ポイント2
定期健診を受けましょう!
歯周病を予防するには、歯科医院で定期的にメインテナンスを行うことが非常に大切です。
また以前に歯科治療(クラウン・ブリッジ・インプラント・入れ歯など)をしている場合でも、定期的にメインテナンスを行うことで、それらを良い状態で長持ちさせることができるようになります。

あなたは自分のお口の中の状態をどのくらい知っていますか?

痛くないから、何もないから大丈夫と思われていても、水面下で症状が進んでいたりすることもあるのです。
痛くなってから、問題が起きてから治療を始めるのでは遅いということもあります。早期の発見、予防こそがお口の中の健康を維持することに重要になってきます。
また、すでに治療を終えた方にも再発の防止、健康維持のために是非歯科ドックでお口の状態、予防のポイントなどをチェックされることをお勧めします。

初診
カウンセリング・レントゲン撮影

歯科ドック
  ・歯周ポケット検査…歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。
  ・歯周病原菌検査 …歯周ポケットに存在する細菌の量を調べます
  ・虫歯 ・唾液検査 …唾液を採取し、虫歯になりやすいか調べます。
  ・口 腔 内 写 真 …現在のお口の中の状態を確認します。
  ・ク リ ー ニ ン グ …歯垢・歯石除去・ブラッシング指導を行います。

およそ2時間30分~3時間ほどの検査になります。

歯科ドックは保険適用外になりますので、自費でのご負担が必要になります。

===費用の表===

歯医者は痛くなってから行くものと思ってらっしゃる方がほとんどです。
たぶん今これを読んでいるあなたもそう思ってらっしゃるのではないでしょうか。
歯が悪くなってから来院していただいた場合、私たちは治療をするしか方法がないのです。

「歯医者に行くんだから治療するのは当たり前だよ」
おっしゃる通りです。しかし、

歯は一度削ったら元に戻りません。だからできるだけ削りたくないのです。
歯を削らないで済むように予防したいんです。

すごく乱暴な言い方かもしれませんが、
私は、歯医者に行って歯を削ってしまったらおしまいだと思っています。

転んで擦り傷が出来ればつばをつければ治ります(笑)。
骨が折れたらギブスを巻けばくっつきます。
風邪をひいたら気合があれば直ります。

さて歯はどうでしょう?
虫歯になって穴が開いたら「気合」では埋まりません。

私たちが削って詰めないといけないのです。

「詰めたら元通りになるじゃん」と思うのが普通だとおもいますが、一度削って詰めたところには必ず段差が出来ます。いくら私たちが丹精込めてピカピカに磨いても悲しい事に人間の目には見えないほどの小さな段差ができてしまいます。そんな小さな段差でも、もっと小さい細菌が溜まるには十分なのです。

治療をしながらも、私たちは皆さんの歯を悪くしてしまっているのです。
だから、治療をした所を二度と悪くしないためにも予防をする事をお勧めするのです。

「年を取ったら歯は悪くなって当たり前?」と思われる方も多いと思います。 悲しいですが、今の日本の現状ではその通りです。

以下は国別のに虫歯の本数をグラフで表したものです。

■国別むし歯の本数

よくむし歯の原因と言われる砂糖の消費量は少ないのに虫歯の数は圧倒的に多いのが日本です。

なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?

それは、日本の保険制度に問題があります。
日本の保険制度では「悪いところを削ってつめる」ことしか保険として認められていなかったからです。ですから、日本人の頭の中に「歯医者は歯が痛くなったら行くところだ」という意識がついてしまったのです。

そして、歯医者自体も削ってつめる治療ばかりを行い、「どうしたら悪くならないように予防できるか」ということを考えても来なかったし、患者さんにお伝えすることもしなかったのです。これが欧米諸国との間に大きな差がついてしまった最大の原因です。

スウェーデンでは75歳の平均で約20本も歯が残っているのです。
日本人は「歯を残せないのではなく、単に残していないだけ」なのです。
我々も、きちんとしたことを行えば、十分、歯を残せるのです。
では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
欧米諸国はどのようにして、歯を残しているのでしょうか?

その答えが
1~3ヶ月に1回、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けること です。

欧米では、治療ではなく、このメンテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。

では、具体的にどのようなメインテナンスをしたら良いのでしょうか?

歯医者さんでのメインテナンスをご紹介します。 歯医者さんでのメンテナンスへ
ご家庭でできる予防の方法をご紹介します。 お家での予防へ

歯には歯垢(プラーク)が付きます。
「歯垢は食べかすだ」と考えている方も多いかと思いますが、
実は「歯垢は細菌の塊」です。

例えば、つまようじで歯垢を取ってみてください。
その中に何匹の細菌がいると思いますか?

約2~3億の細菌!

お口全体ではなんと1000億の細菌がいます。

テレビCMでトイレの便器に8億の細菌がいるというのがありましたが、それと比べるといかにお口の中が汚いかお分かりですね?

この歯垢(細菌)は、唾液の成分によって固まって(石灰化)して歯石に変わります。歯石は表面がザラザラしているため、歯垢(細菌)が付き易くなります。
細菌が付いて、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)に入り込みそれにより歯の周りの骨が溶けてしまいます。

「私は毎日しっかり歯を磨いているから大丈夫!」
っておっしゃる方もいらっしゃいます。
しかし、そうではないのです。

一生懸命、歯ブラシをしても、落とせない汚れがあります。

それは、歯石とバイオフィルムです。

歯石は、堅い石のように歯の周りに付着したものです。堅い石になってしまうと、もう歯ブラシでは落とせません。

バイオフォルムとは、台所のヌメリのようなもので、細菌同士が固まって保護膜を作り、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守るバリアのような役目を果たしています。細菌がバイオフィルによって守られ歯ブラシでは取りづらくなります。

特に歯と歯の境目、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)についたバイオフィルムは歯ブラシで取る事は困難です。

このバイオフィルムが、むし歯や歯周病の原因なのです。
歯周病ってどんな病気?
だから歯ブラシでは落とせない、このバイオフィルムを歯科医院で機械的に取り除くことが重要になるのです。

また、バイオフィルムは、1度破壊しても、3ヶ月程度で再形成されるというデータがあります。
ですがら、1~3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが大切になるのです。

1.定期的な口腔内のチェック
皆さまの状態によって、1~4ヶ月ごとにお口の中を診査します。
むし歯、歯周病のチェックを行い、前回と比較します。期間は、みなさまの症状や状態をみて考えていきます。

2.歯石や歯垢を取り除きます
従来の歯石歯垢をとるスケーリングのみならず、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という方法で、歯の表面から、細菌の付いたプラークをはがし取ります。

3.歯の強化
きれいになった歯面にフッ素を塗布し、エナメル質の強化や細菌の活動の抑制をはかり、むし歯の予防に役立てます。

このようなメンテナンスを続けることによって、一生ご自分の歯で生活できるようなお手伝いをしていきます。

なぜ「お手伝い」なの?と思うかもしてませんが、私たちに任せればもう大丈夫という事ではないということです。

お口の健康はご自分が主役になって頑張ってこそ得られるものだと私たちは考えます。


さぁ、みなさん。
80歳になった時に歯を何本残せるかという道のりのマラソンのスタート台に立ったつもりで頑張りましょう!

診療所のご案内

やまと歯科診療所

電話番号
0263-78-7118
住所
長野県松本市梓川倭605-4地図を見る
診察時間
AM9:00~PM12:00
PM2:30~PM6:00
土曜日はPM5:00まで
休診日
水曜,日曜,祝祭
診療所の詳細はこちら

犬飼歯科セントラルビオス診療所

電話番号
0263-32-1407
住所
長野県松本市大手2-9-23
セントラル・ビオス2F地図を見る
診察時間
AM9:00~PM12:00
PM2:30~PM6:00
休診日
土曜午後,日曜,祝祭
診療所の詳細はこちら

診療科目

  • 一般歯科
  • 老人歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病について
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • スポーツ歯科

まちの歯医者さん診療所一覧

犬飼歯科セントラルビオス診療所 TEL0263-32-1407
犬飼歯科の詳細を見る
やまと歯科診療所 TEL0263-78-7118
やまと歯科の詳細を見る
ご利用頂けるカード
犬飼歯科,やまと歯科でご利用できるクレジットカード:DC,UFJcard,NICOS,VISA,Master Card

まちの歯医者さんでは両医院共にクレジットカードでの支払いを取り扱い致します。
お支払い回数等は窓口にてお伺いください。

AED配備医院
AED配備

当医院では「除細動器(AED)」を所有しています。
心肺蘇生処置は一刻を争います。
松本市西堀地区、梓川地区にお住いの皆様、万が一のときは、まちの歯医者さんに除細動器があることを思い出してください。

ページ上部に戻る